形の崩れてしまったダイヤのリング 買取価格

もし今、自宅のタンスの中に、およそ20年くらいから30年くらい前のアクセサリーが眠っているのなら、ぜひ引き出しの中を見て欲しい。

 おそらくその頃にアクセサリーに気を使っていた方は、バブル期あたりにそれらを買っているのではないだろうか。そういう私も実は同じようにその頃とにかくアクセサリーが欲しくて、ことあるごとに買っていた人間だった。

 当時、私達世代では、小ぶりなリングを重ねてつけたり、両手に必ずリングをつけ、さらにネックレスもほぼ欠かさず身につけていた人が多いと思う。だが、いつの間にかバブルは終わり、ゴージャスな時代からシンプルさを求める時代へと進み、そしていつの間にか何もつけないようになっていってはいないだろうか。
 だが、そんな「昔使っていた貴金属」、もしかすると予想以上に高値で引き取ってくれるかもしれません。私は、もうこれは使わないと思う貴金属をいくつかお店に持参した。その中で、素

人の私には考えられなかったが、ちぎれてしまって使えなくなっていたネックレスなど18金の物に高値がついたからである。

 金の値段は、その当時からすると倍とは言わないものの、かなり上昇している。そして、金は、当日のレートに換算してグラム単位で引き取ってくれるので、形やデザインなどはまったく関係がないのだ。ここで、一つだけ言わせてもらうとそれについているダイヤやルビーなどは思ったほどの驚きはなくあくまで金の量が大事となる。

 ジャラジャラと貴金属を身に着けていたあの頃の物が残っているのなら、お店に持って行ってはどうだろうか。思いがけずに得をした気分を味わえるかもしれません。


高額査定ランキング



高額査定ランキング

ブランド概要

ブランド買取アイテム

関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です