ZOZOTOWNブランド古着買取サービス 買取価格

今年の6月中旬頃、部屋の片づけをしていたら、スカート丈が短すぎたり肩が開きすぎたりしてもう着られない服がたくさんあることに気づきました。

5~8年ほど前にパルコやルミネエストなどで買った物ですが、ノーブランドという訳では無いので少しでも高く売りたいと思ったのと、店舗まで持って行くのも面倒に思ったので、宅配買取で検索し、ZOZOTOWNの買取サービスを見つけました。

ZOZOIDを持っていると住所入力等の手間が省けるようですが、IDを持っていなくてもかなり楽に手続きを進められました。

会員登録をしないで申し込むボタンをクリックし、名前・メールアドレス・住所等を入力し、梱包用の段ボールを送ってもらいました。

午後申し込むと、最短で2日後の午前中以降でお届け日時指定が出来ると思います。
段ボールが届いたら、服を詰めて、身分証明書(私は免許証をカラーコピーしました)を同封し、またZOZOTOWNの買取ページから集荷依頼をします。

運送業者さんが荷物を引き取りに来てた後は、ZOZOTOWNに荷物が届いてから数日中にメールで査定額のお知らせがあり、メールにあるURLからホームページに進み、そこで売るか返却してもらうかの回答をしたら、査定額を振り込んでもらうという流れです。

中部地方に住んでいて、2回ZOZOTOWNの買取を利用したのですが、かかった時間は、荷物引き取りからZOZOTOWN到着まで1日、到着から査定終了まで1日~1週間、回答から振込までは0日(その日中)でした。

集荷の控えを見たときに1箱700円くらいかかっていたので(着払いなのでこちらが払う訳ではありませんが)、普通に考えると、売れる金額から箱代や運送料(700円×箱数)が引かれた金額が査定額だから、あんまり期待できないな~と思っていたのですが、個人的には満足な査定額でした。

具体的に言うと、前述の通りルミネ等に入っている20代向けの女性ブランド(lily brownやsnidel等)の服50着で、夏服メインで段ボール2箱になった時は1万2千円くらい、冬服メインで段ボール3箱になった時は1万6千円くらいでした。
ZOZOTOWNの買取で便利だと思った特徴が3点あって、1つ目は、ホームページにある検索窓で、買取可能なブランドかどうか確認できることです。撤退してしまったブランドでも売れるということが分かって、だいぶ役に立ちました。
2つ目は、1つ1つの査定額が分かることです。全体でいくらというのではなく、これはいくらという風に分かりますから、これは高く売れると思ったのに微妙な値段だった…という服は返却してもらい、納得の値段だと思った物だけ売ることが出来ます。
私の場合、T by Alexander Wangのカットソーが300円だったので、惜しくなってそれのみ返却してもらったのですが、費用も掛からず、翌日には発送してもらえました。
3つ目は、値段のつかなかった服も10円で買い取ってもらえることです。もちろん、10円では嫌だという場合は(この場合は1点ずつではなく、10円の品物全部)返却してもらえますが、捨てる手間や費用を考えると、私は10円でも買い取ってもらえて助かりました。
手間もかからないし、査定額も結構いいと思いましたし、上記の通り便利な点も多くありますから、ZOZOTOWNの買取はお勧めです。


高額査定ランキング



高額査定ランキング

ブランド概要

ブランド買取アイテム

関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です