友達に聞いていた昔ながらの質屋で金のネックレスを買取ってもらいました。 買取価格

引越しを機に服やアクセサリーを処分しようと思い立ちました。

で、迷ったのがもと彼からもらった金のネックレス。よくよく見ると18Kと書いてあります。もらってから20年たちましたが、今は別の人と結婚していますからつける機会はありません。かと言って捨てることもできずにいたのですが、そろそろ時効かなとようやく思えました。
さてどこに持っていきましょうか。いっとき家によく来ていた営業マンがいる買取サービスのお店?でもあの営業マンのいかにもノルマなんですといった様子が気になります。

金ですから相場によって値段が動くものなので、なんだかごまかされそうという思い込みが働きます。

そこで思い出したのが友達に聞いていた昔ながらの質屋。彼女もときどき利用するそうです。質屋といえば物を担保に借りるものだと思っていましたが、彼女が言うには売ることもできるとのこと。その物の価値で貸す金額を決める質屋であれば価値を見抜く目は確かでしょう。
小さな昔ながらの家でした。売る旨を伝え、カウンターごしにネックレスを渡すと、黙ってそれを受け取り、目に当てる小さな拡大鏡でチェックします。その後重さを量ってすぐに値段を伝えられました。無駄な営業トークは言わないその姿がかっこよかった。プロ意識を感じました。

「この値段でよければこの用紙に記入お願いします」と領収書程度の紙を渡されました。言葉といえばその程度なので、こちらから金の相場の話など振ってしまったほどです。でもそれに答えた彼の言葉は事前に私が調べていた内容通りだったので、心の中で「大丈夫、だまされていない」と確認OK!のサインを出せました。
思った以上の値段がつき、これは親から子供に残すものとしてもいいぞと思いつきなんだか楽しくなったのを覚えています。金はアクセサリーとして使えますし、いざというときにそのときの価値で売ることもできます。

お金はいつのまにかなくなってしまいますが、親からもらったものを売るときはいろいろ逡巡するものでしょう。それでものときはもちろん売ってもらって構わない。子供に残すものとしてよいと思いませんか。実はそのとき、義母からもらったネックレスも鑑定してもらっていました。

売る気はさらさらなかったのですが、けっこうな値段が出て驚きました。帰ってその話を主人にすると「これだけはどんなことがあっても売らないでくれ」と言われました。

「もしも離婚することになったら速攻売るかも」とにやり。そんな後日談もついたちょっと意義ある社会体験でした。


高額査定ランキング



高額査定ランキング

ブランド概要

ブランド買取アイテム

関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です