書籍の買取りでブックオフを利用しました。 買取価格

ブックオフは良く利用していた。小説や漫画など古いものは100円で販売しているし、買取も行ってくれる。キズや、シミ、折れ等で商品価値が無い物も無料で引き取ってくれる。雑誌なども買い取ってくれる場合もあり、とても便利だとおもっていた。発売して間もない人気漫画は新品価格の半額程で買い取ってくれる場合もある。大学卒業後、勉強してきた分野と全く違う分野に就職した私は、不要品になった、教科書や自分で購入した専門書籍を処分しようとブックオフに買い取ってもらおうと店舗に赴いた。ほとんどが非常に専門的な内容の本で、ブックオフに訪れる人が購入する様な本ではない。買取価格が安くなるのは必然だ。一人暮らしの狭い部屋がもう読むことのない大量の本で埋め尽くされるのは嫌なので、ブックオフへ。教科書と自分で購入した専門書、あわせて50冊位だろうか。買取カウンターへもっていった。10分程待たされ呼びだされた。教科書なので書込みや、ページ折れ、使用感が感じられる物も多かったので買取が出来なかったものが20点ほど。その他の書籍も高くて300円位の買取価格だったと思う。あわせて2000円位の買取価格にやや不満はあったものの、必要ない物なので買い取ってもらった。せどりというものを知ったのは半年後位、友人が副業で月に数万円稼いでると聞いて簡単に内容を教えてもらった。ブックオフの100円コーナーの商品がamazonで高値で売れて儲けがでるそうだ。もしかして?amazonでブックオフで買い取ってもらった書籍の価格を調べてみる。これ、本当?値段がつかなかった本が5000円で中古出品されていたり、中に数ヶ所書込みがあります。美品をお探しの方は注文をお控え下さいと書かれた本が新品価格の70%の価格で販売されていたり。あの50冊をすべてamazonで販売していれば軽く二万円は超えていたのではないだろうか。bookoffに悪意は無い。これから何かを買い取ってもらう際には、きちんと相場を調べないといけない。いい勉強になったと思う。


高額査定ランキング



高額査定ランキング

ブランド概要

ブランド買取アイテム

関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です