毎月かなりの数の漫画を購入しているので、定期的にネットで古本の買取サービスを利用しています。 買取価格

毎月かなりの数の漫画を購入しているので、定期的にネットで古本の買取サービスを利用しています。

昔、古本のせどりをしていた兄からamazonに出品しても元を取れないかもしれない本達の処分を頼まれたので、いつも使っている買取王子ではなく、もったいない本舗を利用してみることにしました。何故もったいない本舗を選んだかというと、amazonマーケットプレイスで頻繁に名前を見かけるし実際よく購入もしていたので、今度は買取をお願いしようという軽い気持ちからでした。

古本の買取はまずネットで名前や集荷先などを入力し、買取の申し込みし、段ボールが必要な方は送付してもらってから集荷を頼む。自宅に段ボールがある方は集荷の依頼をするだけ。あとは本人確認書類をアップロードするくらいで、本当に簡単です。

実家に帰ってみると、思ったより本は多くて驚きました。最初大きな段ボールを使用し5箱で出そうとしたのですが、引き取りにきたヤマトの業者さんが、一箱25kg以内でないと引き取れないとのことでしたので、9箱に入れ直して持って行ってもらいました。
いつも送料無料で申し訳ないなと思うのですが、買取金額をみてその気持ちも吹き飛びました。正直、せどりのためにチェックして購入した本ばかりなので、買取業者なら1円でamazonマーケットプレイスに出品しても郵送料で大分儲けられる本ばかりです。兄はそこまで大口の郵便契約をしていないので元は取れないかもというだけで、それなりの金額がついてる本も沢山ありました。が、結果は3000円もいきませんでした。
私は漫画を同じくらいの大きさの箱5箱で送って大体いつも5000円くらいにはなってたので、9箱で3000円以下って正直セコいなと思いました。
後でインターネットで調べると、もったいない本舗は本の価値で買い取るのではなく、本の状態をみて買い取るのだそうです。なのでそれなりの価値はついてるはずの本達がほとんど0円になってしまったのだと思われます。
今回は私の選択ミスでした。状態だけで機械的に評価をつけられる業者だと調べればわかったはずでした。
ということで新しい本ならいいでしょうが、希少価値のあるような本などがあるのであれば、もったいない本舗のご利用はあまりおススメできないと思われます。

ちなみに買い取り金額に納得いかない場合は、買い取って貰うことを拒否することも可能です。ただその場合、引き戻すための配送料はこちら負担になるので注意です。


高額査定ランキング



高額査定ランキング

ブランド概要

ブランド買取アイテム

関連記事